無職でキャッシングと金策

無職でお金が必要な方

生活費の工面

何らかの事情で失業を余儀なくされてしまっている方であっても生活をするにはお金が必要です。預金があれば別ですが、大部分の人は貯蓄がないのが実情です。収入の道が閉ざされてしまった以上、次ぐの仕事に就くまでの間、金策を考えなければなりません。しかし、大部分の金融会社は定職に就いていない人には融資はしませんし、いくら審査が甘いといっても無職相手には甘くありません。簡単に審査で落とされてしまうでしょう。定職に就いていた間、クレジットカードを何枚か作っていれば、商品枠で現金化することで現金を作ることは可能ですが、支払いに困窮して大事なクレジットカードを喪失してしまうのが関の山です。クレジットカードの現金化だけはやめておいたほうがいいでしょう。

キャッシング

借金をする前に

無職状態の人は収入のあてがありません。したがって、無駄なお金は一円たりとも使わないようにするとともに、あらゆる面で節約をする必要があります。人は知らぬところで無駄なお金を使っていることに気付かないもので、今一度生活を見直すことが肝要かと思います。また、失業中であれば生活保護や税金の控除など、行政から得られるサービスがありますので、貰える物は恥を忍んで貰うようにしましょう。

無職でお金が借りれるのか?

答えはNOです。お金が入る宛てのない無職にキャッシングをするような金融業者が皆無であることは間違いでしょう。あるとすれば、保有するクレジットカードを利用しての現金化ですが、それはキャッシングとは言えません。実態は、クレジットカードの商品枠で商品を購入し、それを質屋に売るといったやり方ですので、質屋に近いのではないでしょうか。但し、失業者であることがダメなのであって、自分で開業して自営業者になるとか、派遣会社に登録して契約社員になれば、直ぐに無職状態から脱却出来ます。大手を振って消費者金融の申込書の職業欄へ、仕事先を記入してもよいのです。

損切りを決断する勇気

もしも過去に株式を保有していれば、保有する株式の含み損を義務づける、いわゆる損切りを背景に株価がさらに下がる前に処分してしまう決断が重要になります。これは保有株式だけでなく、過剰投資の解消や無駄遣いについても同じで、先送りをすればするほど損失はさらに増え、自らの体力もなくなっていきます。デフレ期は時間が使命を制し、問題を先送りせず正面から向き合う無職者の決断が問われます。いよいよインフレに転換しようとしているいまでも、変動が激しい時代にはすべてあてはまる非常に重要なことです。ものごとの判断を遅らせたり先送りをすることは、ますます失業期間が長期化するリスクを高めます。このような大変動期には、仕事をする場合でも何かに投資する場合でも、素早く決断することが肝要なのです。たとえば損失が発生した場合も、一定水準になったらすばやく損切りし撤退を実行する。あるいは新しい事業分野に方向転換する場合でも、他社がやっていないうちに市場を取ってしまうという姿勢が大切です